suin.io

Google Analyticsのトラッキングコードを追加するプリロード

suin2010年5月2日

Google Analyticsは無料で利用できる高機能なアクセス解析サービスです。利用する場合は、サイトにトラッキングコードを追加します。XOOPS Cubeで、トラッキングコードを追加するには、普通はテーマにトラッキングコードを書き込んでしまうのが早いです。しかし、テーマを変更することが想定される場合は、プリロードにしておくと便利です。テーマが変わってもトラッキングコードが抜ける心配がないからです。

下のプリロードはGoogleAnalytics.class.phpというファイル名で保存します。トラッキングコードを所定の場所にコピペするだけです。Google Analytics以外に、HTMLのヘッダに貼りつけたいコードがある時にも、応用できると思います。

<?php

class GoogleAnalytics extends XCube_ActionFilter
{
	public function preBlockFilter()
	{
		$this->mRoot->mDelegateManager->add('XoopsTpl.New', array(&$this, 'hook'));
	}

	public function hook(&$xoopsTpl)
	{
		$trackingCode = <<< DOC_END
//トラッキングコードをここに貼付け。
DOC_END;

		$xoopsModuleHeader = $xoopsTpl->get_template_vars('xoops_module_header');
		$xoopsTpl->assign('xoops_module_header', $xoopsModuleHeader.$trackingCode);
	}
}

?>
RELATED POSTS