suin.io

Apple Wireless Keyboard はこんな感じ

suin2008年12月30日

昨日のブログで、写真を載せて紹介しようと思っていたら、すっかり忘れてしまったので、別のブログとして写真を載せることにします。

Apple Wireless Keyboard (US)はアルミ製の秀逸なデザインです。

個人的には、キーとキーの間隔が広いのがお気に入りです。VAIOのType-Fのキーボードのデザインが非常に似ているので、Apple Wireless KeyboardがまるでVAIOノートのキーボードだけをくり抜いたような錯覚に陥ります。

キーの全体像を見渡すと、記号の位置などがJIS配列とは違うことがわかります。

Enterキーは小さめです。いままで、EnterがShiftの2個分あるようなキーボードを使ってきた人にとっては、なれるまで少し辛抱しなければならないかもしれません。

Apple Wireless Keyboardはmac用なので、deleteキーがWindowsでいうBackSpaceキーになります。WindowsのDeleteキーを使えるようにしたい場合は、こちらのTipsを参考にしてください。

注意しなければならないのは、ControlキーとFnキーが逆という点です。もうこの位置でなれている人には問題ないでしょう。しかし、Controlキーが隅っこにあるキー配列になれている人は少々苦労するかもしれません。

電源は右隅にあります。

裏面にはAppleのロゴが刻まれています。

寸法が公開されていなかったので、自分で測定してみました。

高さ(バッテリー部分) 高さ(薄い部分) 重さ 
132mm 277mm 18mm 5mm 単3電池4個分くらい?(バッテリーが単3電池3個なので)
RELATED POSTS