suin.io

「故障したipodは直営店に持ち込め」は事実だった

suin2008年8月19日

人生で最初に買ったipodに10日で別れを告げる

購入してたった10日で私のipodは故障した。それは突然の出来事だった。普段どおり使用していたのに、突然ipodがクラッシュした。

ipodの画面は真っ白、私の顔面は真っ青になった。音楽データだけならipodが故障しても痛くもないが、私はipodを外部ストレージとして使用していたので、自分の作ったデータ、特に仕事上、喪失することの不可能なプログラミング関係のデータの安否が心配だった。

故障の際のダメージは記憶域までは及ばなかったようで、ipodをUSBに接続し、エクスプローラでipodの中身を確認することができた。ipod classicはHDDなので、落下したりすることを考えると、外部ストレージの中身もバックアップする必要があると考え、週1で定期的にバックアップしていた。万が一、ipodのデータのサルベージ不可能になっても、バックアップデータでデータだけは守れるよう万全を期していたが、今回の故障ではipodのHDにアクセスできたので、最新のデータを保護することができた。

復旧は無謀、問題はどこに修理に出すか

ipodを救出する方法をネットで探し続けた。しかし、出てくるソリューションは「ipodをリセットする」「復元する」「バッテリーがなくなるまで放置する」のようなものばかり。ユーザの手でできるのはこのくらいが限界なのかもしれない。結局、どの手を試みても、「画面がまっさら」の状態から復活することはできなかった。

2,3時間、復旧に挑んだ結果、いずれの方法も無意味と気づいたからか、「自分で復旧する」より「修理に出そう」という思考に自然と切り替わった。その時、出会った記事が「トラロック ヨドバシカメラでipodの故障対応が悪かった話」という記事と、「iPod故障の際は、直営店に直接持ち込むのがおすすめ - setamiseの日記」という記事だった。

前者の記事は、「ipodをヨドバシカメラで買ったのにそのヨドバシカメラが修理に応じてくれなかった」という内容であり、後者の記事は「Appleカスタマーセンターは対応が悪く、直営店に足を運び修理を要請したほうがよい」という話であった。

私もipodを買ったところがヨドバシカメラだった。であるから、当然近くにあるヨドバシカメラに出向いて修理を依頼しようかと考えていた。しかし、上の記事を読む限り、Appleを訪ねるようたらい回しにあう懸念があったため、ヨドバシカメラに足を運ぶことは断念した。

どうせAppleへたらい回しにあうようなら、直接Appleに問い合わせたほうが得策だと考え、カスタマーセンターに問い合わせようとしたが、それも後者の記事であまりよくないということに理解が行った。

直営店 Apple Ginzaへと......

そこで、後者の記事に従い、銀座に位置するAppleの直営店を訪ねることにした。銀座駅から徒歩5分くらいのところにあって、行きやすい感じだ。

建物の中、4階がどうやら技術的なサポートが受けられるスペースらしい。その階のipod barというスペースのスタッフに声をかけた。

ipodが故障したときの状況や故障の状態、尽くせる手はすべて尽くしたこと、ハードウェアに問題はなさそうという話や、まだ買ってから10日もしてないなど、いろいろ詳しく説明した。

スタッフの方は、故障の状態から判断して「私もいろいろ故障を見てきましたが、こんな故障は初めてです」と語り、「きわめてレアなケースだと思います」と付け加えた。もうこのipodは修理するすべがないらしく、結局新しいものと交換することで解決を見た。

本来なら、予約してから訪れるべきだったようだが、突然押しかけた私にも親切に対応してくれた。上の記事の著者のケースでは「2時間待ちという状況」だったらしいが、私は平日の開店直後ということもあってか、待つことなくサポートを得られたのはラッキーだった。

私が直営店に訪れた際には、ipodの箱やヨドバシカメラの保証書も持っていったが、それも十分役に立った。おかげで、10分くらいでサポートがおわりスピーディーに解決することができた。

修理に赴く際には

直営店でサポートを受ける際には、あらかじめ予約した上で、次のものを持参されることをお勧めしたい。

  • 故障したipod
  • そのipodの箱など一式
  • 電気量販店の保証書
RELATED POSTS